読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ真のレンジャー♪   ルルフェの日記

忙しい日々でもドラクエⅩを楽しみたい!!

更なるきようさUPを目指して①

 盗賊って楽しい♪

  ルルフェットは、盗賊として戦っている中で、胸の奥にあるワクワク感を抑えようか、それとも気持ちに素直になろうか迷っていました。でも、その迷いすらも楽しく感じている自分にも、気付いていました。

 

『レアな物が盗めたときって、気持ちいいな・・・。でも、通常の物を盗んでも、まものさん、ありがとうっていう感謝の気持ちは大事だよね。』

 

ルルフェットは自分の手を見つめながら、

『もう少し、うまく盗めるようになるために、きようさを上げるしかないよね。そのためには・・・うーん、レベルは十分だし、あとは装備を強化しないと・・・。』

 

 『まずは、風雷のいんろうを手に入れて、きようさをあげよう!!』

きようさアップに関する情報を手に入れ、ザルトラとの戦いに挑む事を決意しました。

 

この時の為に、白紙のカードと、呼び寄せの筆を使わずに溜めていたルルフェットは、繰り返し錬金釜を取り出し、ザルトラ召喚符を錬金しました。f:id:lulufette:20170305200841j:plain

 

更にザルトラと戦うのに有効な踊り子に転職し、踊り子を極めるため、宝珠を集め、次々と戦いに身を投じます。

 

f:id:lulufette:20170301020711j:plain

両手に短剣を携え、敵の間をすり抜け、華麗に舞うルルフェット。

戦うたびに、踊りのキレも増し、鮮やかに舞う姿を見た仲間も、同調するように気持ちがのってきました。

『荒ぶる神よ!皆に力を!!荒神の舞!!』

仲間のテンションもMaxに。

まさに踊り子の申し子と呼ばれるルルフェットが誕生した瞬間でした。 

f:id:lulufette:20170108151922j:plain

ピラミッドや試練の門で、戦い続け踊り子はたルルフェットは、あっという間にカンストし、 十分に力を付け、いよいよザルトラとの戦いに挑みます。

ヴァイパーファングとタナトスハントを駆使し、ザルトラに大きなダメージを与えていき、回復のララバイで回復を助けます。

目的が同じ仲間が集まれば、ザルトラといえど、余裕で倒すことが出来ました。

 f:id:lulufette:20170305200954j:plain

手に入れた風雷のいんろうを合成し、きようさアップの合成効果が出来ましたが、理論値にはまだまだです。 白紙のカードと、呼び寄せの筆を集めながら、少しずつ、きようさをアップさせていきたいと心に決めたルルフェットでした。

f:id:lulufette:20170307003307j:plain

 

ザルトラを倒して、風雷のいんろうを手に入れていくのは、苦労しませんが、理論値に到達するのは、運も絡んでいるので、何回も挑戦が必要だな~って感じつつ、白紙のカードと、呼び寄せの筆を集めるのにも時間がかかるので、時間のない私には、遠い未来の話になってしまいそうです(#^.^#)

それでも、楽しみながら根気よく集めていきますよ~。

夢の中では・・・

少し休憩♫

 

「うーーーーんっ」と空を突き上げるように両手をグーにして、小さな背を伸ばしたルルフェットは、手を伸ばしたまま、後ろに倒れるように家の前にゴロンと寝ころびました。

「今日の戦いは、ちょっと危なかったな。仲間になってくれた戦士さんが、かばってくれなかったら、今頃こんなゆっくり出来ていなかったよな~。」

「でも、あの戦士さん。プクリポでちっちゃいのに、私をかばってくれて、かわいい上に、逞しくてステキだったよ~♫。あのかわいい顔が凛々しく見えちゃうんだもん。」

ルルフェットは、目をつぶって今日の戦いを振り返っていました。

「私はエルフだけど、プクリポだったら、どんな感じかな」

 

きっと、こんな感じ・・・

f:id:lulufette:20161102220255j:plain

踊ったり・・・f:id:lulufette:20161102215958j:plain

ジャンプしたり・・・

f:id:lulufette:20161102220308j:plain

それはそれで、楽しいんだろうな・・・

f:id:lulufette:20161102220302j:plain

プクリポのアイドル!

f:id:lulufette:20161102220249j:plain

 

ハッ(゜o゜)

「ダメダメ!妄想はここまで!」

「また明日からガンバロ~♫」

とはいえ、楽しい気分になったルルフェットでした。

 

ハロウィンイベントで、みなさんがカワイイというプクリポになってみましたが、ルルフェットという名前がしっくりきませんでした。(#^.^#)

(でも、髪の色は、いつもの色にしてみましたよ。)

やっぱり元々のキャラクターのイメージもあるからかなぁって思いました。

f:id:lulufette:20161102220015j:plain

種族を変えたいって方もいるのかもしれませんが、私はエルフのルルフェットがしっくりきます。私はどちらかというと、人間の体の大きさを大人にしてしまったので、こどもに変えたいな~っていう希望があります。(^_^)

でも、このキャラクターに愛着を持っていますので、これからも楽しく冒険をします♪

 

どうぐ使いってカッコいい!?

弓を扱い始めて

弓を扱い始めたルルフェットは、どの職業の経験を積んでいくか、少し考えました。

「まず、どうぐ使いを極めよっかな。」

時々、どうぐ使いを職業としていたので、レベルカンストまで、もうすぐでした。

どうぐ使いの必殺技である『強化ガジェット零式』の宝珠をセットし、レベル上げに励みました。

f:id:lulufette:20161005222923j:plain

試練の門ツアーに参加したルルフェットは、サポート役を楽しんでいました。

弓聖の守り星を放ち、ピオリムですばやさを、スクルトで守備力を上げ、メディカルデバイスで状態異常を治し、味方の近くにいたと思ったら、いつの間にか遠のき、敵を目掛けて矢を放ち、確実に仕留めていきました。

そして、戦いの中に似つかわしくない可愛らしい声で、

「いっくよ~♫ 強化ガジェット!!」

ルルフェットの手が弧を描くと、地面に魔法陣が浮かび上がってきました。

 f:id:lulufette:20161005222849j:plain

掛け声と共に、味方が魔法陣に駆け寄り、それぞれの特技を繰り出します。

敵をあっという間に消し去り、次々と新たな試練に挑戦していき、レベル、特訓スタンプがカンストになりました。

f:id:lulufette:20161005222826j:plain

「どうぐ使いって楽しい~。でもカンストになっちゃったし、次の職業にしよっと。」

しかし、ルルフェットは知りませんでした。

この後、レベルが96まで解放されることを・・・。

 

 どうぐ使いって、楽しいです。それは、『強化ガジェット零式』の発動です。でも、ただ必殺技を出すだけだではなく、ルルフェットみたいに、「いっくよ~♫強化ガジェット!!」ってセリフを言うと、味方も準備が出来るので、一体感があって楽しいですよ。セリフは登録しておけば、すぐに出せるので、バトル中に使うセリフはいくつか登録してます。

「いっくよ~♫お宝ハンター!!」って、盗賊用のセリフもあります。どうぐ使いと変わりないですけど・・・(#^.^#)。

久々の更新になってしまいましたが、今後も、のんびりやっていきますね。

私のブログへのアクセスを見ると、盗賊のきようさが人気がありますね。盗賊をサポとしてくれる方が多いときに、ページアクセス数も多いようです。

また、盗賊で日誌を書いてみたいと思います。

 

ダークネスショットの極意の宝珠を手に!!

武闘家をカンストしたルルフェット

ダークドレアムを倒し、特訓スタンプを手にしたルルフェットは、やっと武闘家のレベル、特訓がカンストとなりました。

『ここまで、結構時間かかったかな~。でも、そのおかげで、スキルポイントもたまったし、次のステップになるよね。』

f:id:lulufette:20160906220053j:plain

『次は、何を特技として慣れていこうかな。真のレンジャーになるためには、弓を扱えるようになりたいな。』

今まで、弓を扱ったことのないルルフェット。レンジャーはオノ、魔戦は両手杖、道具使いはハンマーと、武器をいろいろ替えながら戦ってきました。

ルルフェットは、早速、バザーで弓を購入し、自分の持っている宝珠を確かめました。

『うん。試練の門で結構、手に入れたから揃ってるね。』

でも、弓のスキルと見比べたとき、ダークネスショットの極意の宝珠が1個も無いことに気が付きました。

『え~、あれだけ戦ってきたのに、ダークネスショットの極意が出てないなんて・・・。しょうがない、モンスターから手に入れよう!』

ダークネスショットの極意の宝珠を持っているモンスターを調べたところ、”めいふのばんにん”、”ダークキャンドル”、”パンドラチェスト”が持っているのが、分かりました。

『ちょうど、闇の領界を冒険してるし、ダークキャンドルを倒してみよう。』

ルルフェットは、闇の領界に入り、ダークキャンドルとの戦いを繰り返しましたが、一向に宝珠が出てきませんでした。

さすがにダークキャンドルとの戦いに飽きてきたルルフェットは、残りの”めいふのばんにん”か、”パンドラチェスト”を倒そうと考えましたが、”パンドラチェスト”は会えるかも分からないので、”めいふのばんにん”を目指して、真魔女の森に向かいました。

f:id:lulufette:20160906232748j:plain

f:id:lulufette:20160906232834j:plain

弓を構え、鮮やかに矢を繰り出すルルフェット。時計の長針が半分回りきらない内に、闇の宝珠を4個手に入れることが出来ました。

オルフェアに戻り、鑑定してもらいましたが、なぎはらいの極意の宝珠ばかりで、残り最後の1個を祈るように鑑定を待ちました。するとダークネスショットの極意の宝珠、それも2個玉が出ました!!

 「やった~!!今日の私ってすごくついてるよ!!」

ルルフェットは、飛び上がって喜びました。

f:id:lulufette:20160906213954j:plain

弓の特技を強化する宝珠が揃ってきたので、石版にはめ込み、嬉しそうに眺めて、

『これから、弓で戦っていくのが、楽しみ♫』と、次の冒険を求めて、歩き出しました。

f:id:lulufette:20160919201910j:plain

さて、これから弓を扱う職業のレベル上げをしていきます。今まで、弓は扱ったことがないので、楽しみです!!強くありたいけど、鮮やかに戦えるのも、ドラクエの醍醐味です。自己満足ですが、楽しみますよ~。

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。