読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ真のレンジャー♪   ルルフェの日記

忙しい日々でもドラクエⅩを楽しみたい!!

アマリリスの笑顔はステキでした

自宅に帰ると・・・

郵便受けに、手紙が入っていました。

手紙を手に取ったルルフェットは、超おたからのタネが植えてある畑に、水と肥料をあげに向かいながら、封を開けました。

『うーん、幸せのおすそわけ?なんか依頼されるのかな?とりあえず行ってみよ♫』

ルーラストーンで、すぐにオルフェアに向かってみると、すでにそこは冒険者の溜まり場となっており、その中心には、真紅の服を身に着けた妖精が飛んでいました。

f:id:lulufette:20160901222206j:plain

「私はアマリリスっていうの。あなたは?ふーん、ルルフェットって言うのね。あのねルルフェット、みんなに幸せを分けると、妖精の苗木に実がなるの。とりあえず、やってみると分かるわよ。」

『なかなか、気の強い妖精さんね。まぁ、私もエルフだから、人のこと言えないか。』と、自分の考えたことに微笑んだルルフェットは、さっそく、誰かをおうえんすることにしました。

近くの調理ギルドに行くと、おうえん合戦の舞台となっていました。ある冒険者が調理を始めると、すぐにおうえんが入り、少し遅れて、別の冒険者がおうえんしている。そんな不思議な光景をみながら、『わたしも負けられないな~。』と思いながら、他の冒険者の背後に立ち、おうえんを繰り返しました。おうえんをする為に、ダッシュをしていたルルフェットは、妖精の苗木に5個の実がなった時には、ヘトヘトになっていました。

それでも、めげずに次にモンスターをなでる依頼を受けました。まずは、自宅に帰り、お隣さんのモンスターをなでなでしました。いつも、会っているとはいえ、ホイミスライムは、すごくうれしそうです。『残り4匹は、適当に住宅を回っていれば、モンスターに会えるよね。』そう考えたルルフェットは、別の住宅村を訪ねました。

「お邪魔しま~す。」と、遠慮がちに様々な住宅を訪ね、モンスターをなでていき、無事、妖精の実を手に入れました。

次に、チャットをするを受けたルルフェット。

『チャットってなに?』疑問を持ちながら、言われた時間にアズランの木かげの集落を訪れ、「わたしはビアンカは」とまわりに聞こえるように声を出しました。

『もう、ビアンカはって何よ。わけ分かんないけど、まぁ、これで、妖精の実がなるならいいか。』残りの依頼もクリアしたルルフェットは、楽しみにしていたアイテム交換をする為、再び、アマリリスのもとを訪ねました。

レベルをあげたいルルフェットは、当然、メタル迷宮ペア招待券をもらいましたが、その下に書いてあった『アマリリスの笑顔』がとても気になりました。

「ねぇ、アマリリス。このアマリリスの笑顔をもらいたいんだけど。これって何?」

マリリスは、ルルフェットの言葉に、少しおどろき、

「あなたも、もの好きね。私の笑顔を欲しいんですって?ほんとに変わってるわね。」

そう言いながら、アマリリスは慣れない笑顔を必死に作りました。

f:id:lulufette:20160831124046j:plain

『・・・・・』ルルフェットは、その笑顔を見て、言葉が出ませんでした。 

「もう、なんでそんな顔すんのよ。でも、あなたのおかげで、私も幸せな気持ちになれたわよ。ありがと。」

f:id:lulufette:20160831124103j:plain

その時のアマリリスの笑顔は、必死に作った先の笑顔ではなく、とても自然な笑顔で、ルルフェットは、とても幸せな気持ちになりました。

『いろいろ走り回ったけど、ステキな笑顔を見ることが出来て、よかった。』

今日は、厳しい冒険の日々を忘れ、温かい気持ちに包まれることが出来て、また新たに頑張ろうと心に誓うルルフェットでした。

 

ツンデレな妖精アマリリスのイベントの報酬は、DQⅩのショップポイントを500ポイントもらうことが出来ました。大切に使わせていただきます。

 

f:id:lulufette:20160831124112j:plain

 

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。